NaniwaLOUVER,SPANDREL,PANEL,SIGN,METAL PRODUCTS


会社情報へカタログ請求へFAQへ

お問い合せへ採用情報
CAD data 請求へ


納まり図集/標準納まり図

外壁納まり図

1.下地作り
胴縁は、400〜600mmの間隔で組んで下さい。
2.割付
各スパンドレルの働き巾で割付けと墨出しをおこなって下さい。
デザイン・材料のロスを考慮のうえ、水切接続の位置を決定して下さい。
3.水切接続に取付
水切接続は水平に取付け、スパンドレル本体との間隔の隙間を5mm程度設けて下さい。
4.防水について
スパンドレルでの完全な防水は出来ませんので、必ず耐水コンパネか防水シートを張ってからスパン張りを行なって下さい。


壁(コンクリート壁)納まり図

■低層建物の場合

スパンドレルの納まりについては、F・KE・K型についてほぼ同様です。
細部の見切り部材等については、各タイプにおける部材番号をご確認下さい。

■高層建物の場合




| 前へ | 標準納まり図へ戻る | 次へ |
ページ上部へ

難波金属株式会社Copyright(c)2016 NANIWA KINZOKU Co., Ltd. All Rights Reserved.